ぶっだがぶった

仏教から脳科学 トレードのことからサラリーマン勤続20年超えからニートを目指して行くことなど、脈絡もなく更新してまいります。

恋愛は確かに幸せだけど不安や嫉妬苦しみがついてくるので辛い 

こんにちわ wanです。

Twitterでブログテーマを募集したら恋愛と苦しみというお題が出ました。

これは仏道的にも面白いテーマなので書いてみようと

 

f:id:wandropout:20190112094122j:plain

 

そもそも恋愛とは幸せなのか苦しみなのか。どちらも正しいですね

幸せがあるから苦しみがある。苦しみがあるから幸せがある

 

恋愛と結婚は究極の自我のぶつかり合い

そして執着から発生する嫉妬、束縛、不安

付き合い始めは確かにこの世にこんな楽しい事があったのかというくらい幸福感はあるのですが徐々に執着から発生する嫉妬、束縛、不安もついてきます。

 

wan自身の経験でいうと20代の恋愛は全て不幸な結果で終わっていてこれは自分がACであったというのが原因だったのと推測していますが苦しかったですね

 

関連記事:ACの生きづらさの正体と対策方法 - ぶっだがぶった

 

人間は生まれながらに足りていません。仏道で言う渇愛

いくら愛されても心は一時的に満たされるだけですぐにもっともっとと欲望が大きくなっていき相手に不満が出てきます。

 

依存体質の人間には恋愛は向いていない

 

そして恋愛感情が持続するのは脳科学的には3年が限界

恋愛感情がなくなってしまえば愛情に変化する人はうまくいくのですが

離婚率が3割超えていることACの割合が7割超えていることから見ればうまくやっていける夫婦は3割ということになります。かなり少ないですねw

 

関連記事:アダルトチルドレンの割合は人口の70%? - ぶっだがぶった

 

最近旦那デスノートというサイトを見つけて面白くて読みふけりました。

danna-shine.com

 

これは仏道でいう四苦八苦のひとつである怨憎会苦

 

「怨憎会苦」嫌いなものと会わねばならぬ苦しみ

 

幸せを求めた結果の結婚がこういう形になるのは非常に不幸と思います

 

 

仏道には

自灯明 (じとうみょう) 

という言葉があります 

自らを灯明となし

自らをよりどころとして、
他人をよりどころとせず、
法を灯明となし
法をよりどころとして、
他をよりどころとせず、すすめよ

 

 他人に依存せず恋人にも依存せず自身を頼りに生きていく

自身がここまで成長すればきっと恋愛も結婚生活もうまくいくのでしょう

慈悲の心を持つことこれも非常に大事

 

関連記事:慈悲の瞑想効果で人生を変える - ぶっだがぶった

 

 

余談ですが今まで一番うまくいった恋愛は付き合うという言葉を使わずに会いたいときだけ会おう。お互いは自由 離れるの会うのも自由という約束をした相手

 

これは嫉妬も束縛も不安もなくお互い幸福な恋愛だったと思います。

付き合うという言葉を使わないだけでこれだけ恋愛というのは執着せず楽になるのだと

不思議な感覚でした。

まあその恋愛はwanの転勤で終わりを告げるのですが

 

 

自身の結婚観について

 

wanがこれから先に結婚するか(出来るのか?)は分からないです

しないかもしれませんし、するかもしれません。

ただ恋愛で盛り上がり好き好きで結婚することは無いと思います。

 

するとすれば契約結婚みたいなのが理想

お互いに依存せず束縛せずお互いに自由に生きる。

生活費は確保するので寝たいときに寝させてください。

(過去同棲時に朝早くから起こされて掃除機かけられるのが辛かった)

もちろん相手も好きなだけ寝ていいです。

料理も作りたい方が作ればいいし掃除も好きな方がすればいい。

めんどくさければ外食すればいい

 

別々の部屋で寝てお互いのプライベートを確保しましょう

子供はできません(男性不妊です)

 

関連記事:癌を告知された時の話 - ぶっだがぶった

 

男はこうあるべき、女はこうあるべきというのは全くなくて

お互いに思いやりを持ち相手を尊重し大切にする。

こういう相手が現れれば結婚したいと思います(現れるわけないw!)

 

ほなっ!

 

 

  Amazon読み放題でスマナサーラ長老の本が読めますよ。チャンス