ぶっだがぶった!

仏教から脳科学 トレードのことからサラリーマン勤続20年超えからニートを目指して行くことなど、脈絡もなく更新してまいります。

癌を告知された時の話

どうもwanです。(´・ω・`)

Twitterで少しお話をさせて頂いたのですが実は私は癌経験者。

名称は精巣癌

非常に転移スピードの早い癌で知られています。

 

睾丸の異常に気がついたのはある日の夕方。

何気なしに自分の玉を触ってみたんですよね

(*/∇\*)キャ

 

んん!左右の大きさが・・違う!

ええ?こんなに大きかった???

 

すぐさまネットで調べたんですけど左右の大きさが違うのは当たり前らしい

そうか・・当たり前なのか なら安心だな。

ε-(´∀`*)ホッ

その日はそうして眠りについたのでした

( ˘ω˘ )スヤァ… 

 

そのまま数日過ごしてたんですけどなんか気になるなあ

もう一度調べてみよう (・ω・。)ポチっとな♪

精巣ガン・・・?の可能性あり?

 

んんん!??

精巣腫瘍にかかる割合(罹患(りかん)率)は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳代後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多い

 

10万人に1人か・・・ないないw

こんなんなるなら宝くじ当たるようなもんやw

 

こんな感じで3ヶ月経過 仕事も忙しかったしね

しかし気になるなあ 転移も早いっていうし一応近所の泌尿器科へ。

 

医者「今日はどうしました?」

俺「えーと 玉が・・大きくなってなぜか硬いんですけど・・」

医者「ほーん・・はいそこに脱いで寝てください」

もみもみ・・もみもみ・・触診 

だんだん顔が険しくなる医者・・

医者「エコー取りましょう!」

ここでゼリーなるもの塗られてエコー診断。そして診察終了

医者「恐らく精巣ガンでしょう。紹介状を書くのですぐ市民病院へ行ってください」

 

場面は市民病院へ

医者「えー触診の結果ほぼ精巣ガンで間違いないですね・・明日入院して手術しましょう」

俺「明日?いや仕事が・・・」

医者「この癌は転移スピードが異常に早いんです。本当なら今日入院手術したいぐらいなんですよ!!!!」

 

怒られちまったよorz

いやしかし癌ってあっさり告知されるもんなんだね・・昔のテレビドラマなんかでは本人に告知しないのが普通かと思ってました。

んでその時の感情なんですけど不思議と恐怖はありませんでした。

考えない練習のおかげかな

そうか癌か・・俺死ぬのかな、まあ自殺よりはいいのかもねくらいの感じ

 

その後当日にCTやらなんやかんや検査

f:id:wandropout:20171202203216p:plain

先生から転移は今のところ見られません。明日入院して手術ですねと言われる。

独り身なので入院準備はすべて一人で行う 結構大変(汗)

スーツケース1個でいざ入院

 

手術前日

初めての手術か・・できれば全身麻酔経験してみてえ(´・ω・`)

俺「全身麻酔でお願いしたいんですが!」

あっけなく却下・・半身麻酔で手術となりましたw

 

f:id:wandropout:20171202203658j:plain

場面は手術中

看護師も担当医もプライベートな話をしながら手術するのね

担当医「今週の休みはどこかいくの?」

看護師「〇〇に行こうかなと」

担当医「そりゃーいい所にいくねえww」

こんな感じで手術完了・・すげえな医者ってのは グロ耐性最強かよ

 

 

しかし入院っていい

一日中寝ていれるし会社から電話はかかってこないし

食事は朝昼晩ベットまで運んでくれて後片付けまで

普段自分で食事後片付けまでしている自分からすれば天国!(´・ω・`)

 

さてトイレにでも行くか・・と立ち上がった瞬間

とんでもない激痛!!

マジで傷開いたと思ったというか・・刺された感じくらいの痛み

痛くて一歩も動けん・・看護師に助けを求めるも

「アハハハー頑張って歩いてくださいねー」

 

鬼かお前ら!

どうやら手術後に即歩かせるのは普通らしいっす・・

 

まあそんなこんなで無事退院して場面は退院後の診察時の話になります

医者「あのね誠に言いにくいんだけどね・・」

俺(え・・転移してたのかな?)

医者「ここに睾丸の大きさのサンプルがあるんだけれども・・残った玉があなた普通の人より小さいのね・・で、子供を作るのは可能性が低いというか・諦めたほうが良いかも・・」

俺「あ・・別にいいですw」←アッサリ

 

これは親戚たちに早く結婚して子供作れと言われた時に「いや自分病気でもう子供つくれないんでw無理っす」という大義名分が出来たなと心のなかで思ってました

 

それより気になったのは癌の種類です。

精巣ガンにはセミノーマと非セミノーマというのがありまして両方悪性には違いないのですが非セミノーマのほうが予後が悪いらしい

幸い自分はセミノーマというタイプでした。ε-(´∀`*)ホッ

今でも定期検査に通っていますが今まで幸運なことに再発はなし

 

しかし今回の件、初めて自分に身近に迫った死であったのは間違いありません。

やはり今後の生き方にも少なからず影響はありました

 

この世に存在するありとあらゆるものは死んだら持っていけない・・

この事実を突きつけられると欲というものが自分の中から消えて行ったのです。

そしてひょっとしたら5年後にはこの世にはいないかもしれない。

過去を後悔するのも未来に不安を覚えるのも辞めようと誓いました。

 

そして今を生きています。

めちゃくちゃな環境で育ってきたけれども・・今を生きていれば幸せです。

いつ死んでも悔いはありません。いい人生だった

 

 

いや・・・まだ死なんけどねw

(´・ω・`)

 

今日も見てくれてありがとうございます。

あ・・入院中に見ていた精巣ガンの漫画紹介しておきます。すごくタイムリーでしたw

 

さよならタマちゃん (イブニングKC)

さよならタマちゃん (イブニングKC)