ぶっだがぶった!

仏教から脳科学 トレードのことからサラリーマン勤続20年超えからニートを目指して行くことなど、脈絡もなく更新してまいります。

一切皆苦 人生は苦であるを分かりやすく説明してみる

どうもwanです(´・ω・`)

一切皆苦 人生は苦であるをwan流の解釈で説明したみたいと思います

あくまでも個人的主観ですので解釈が違ってたら申し訳ありません。

 

一切皆苦とはお釈迦様が言った言葉ですべての物は苦しみであるという意味です。

そんなことないよ人生には楽しいこともあるよと言いたいところですが

どこから見てもやはり人生は苦なのです。

 

そして苦は忌み嫌うものではなく苦がなければ我々は生きていくことすら出来ない

 

 

お腹が空いて苦しいからご飯を食べます

美味しいですね この美味しいという感覚がずっと続いたらどうなるでしょう

際限なく食べ続けて最後には死んでしまいます。

 

その為ご飯を食べると満腹という新しい苦がやってきます

美味しいという感覚をずっと味わうことはできません。

そしてしばらくするとまた空腹という苦がやってきます。

 

 

会社に行くのが苦しい 

それならばと退職すると今度は退屈という苦が襲ってきます。

 

貧乏は苦しい

お金持ちになりたい

お金持ちになった

今度はそのお金を失うのが怖い

 

このように苦(不安)は形を換えてどこまでもついてくる

 

恋人が欲しい

恋人ができた

浮気してないか不安だ

 

こうしてみるとやはり人生は苦でしかない

 

そして物やお金では幸せになるどころか逆に不幸の元を所有していることも良く分かります。

 

断捨離は元々仏教から由来してきた言葉で

これは物や欲の執着から離れることにより少しでも苦を減らしましょうという教えです。

 

宗教はあまり好きではありませんがお金という執着から離れる意味ではお布施というのはある意味正しいのだと思います。

 

こうしてみると生存本能である苦(不安)から逃れている人は出家した人を除きほとんどいないでしょう。

 

となると世の中で幸せと思われている人は単に人と比べて幸せの優劣を競い合っているだけで本当の意味での幸せな人はいないということになります。

 

幸せそうな人も実は心の中は不安や怒りを持っていて他の人を見て幸せそうでいいなと思っているのかも、しかもお互いに

 

 

f:id:wandropout:20170910175633j:plain

 

 

人生は苦である

苦であるがゆえに人間は生きていける

幸せな人がいるとすれば生きていることすらできない

ゆえに今この世に存在している人の人生全てが苦である

 

 

今日もみてくれてありがとうございました。

(´・ω・`)

 

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)