wandropout’s blog

仏教から脳科学 トレードのことからサラリーマン勤続20年超えからニートを目指して行くことなど、脈絡もなく更新してまいります。

上原多香子さんから見る不倫浮気遺伝子

不倫報道が多いですねぇ(´・ω・`)

 

その度に不倫した人を完膚なきまで叩いてますが、叩いてる人は絶対浮気や不倫しないって自信があるんでしょうか?

 

チャンスがないだけで、チャンスさえあれば不倫する人は大勢いると思いますが😰

 

確かに倫理観から言えば不倫は悪いことですが死ねとか許さないとかまで赤の他人が口出すような事でもない気がします。

 

人間はパンツを履いたチンパンジーというのが自分の持論ですが、遺伝子的に見ると浮気や不倫ってのは生存戦略として自分たちの身体にインプットされてるんです。

 

男はできるだけ多くの遺伝子をバラ撒きたいし女の人は優秀な遺伝子が欲しい

 

優秀な遺伝子が手に入らない場合とりあえず自分を守ってくれる伴侶を確保してから優秀な遺伝子を探すってのもプログラムされてます。

これを托卵遺伝子といいます。

 

あ、後基本的に女の人は浮気性な男を選ぶようにできてます。

浮気遺伝子の子供は将来的に自分の遺伝子をばらまいてくれるから生存戦略としてかなり有効なんです。

 

ただ現実問題心は相手に浮気してほしくないって気持ちがありますから選んだ人と現実のギャップに苦しむわけですが遺伝子的には正解です

 

だからモテる男が更にモテるという現象が起こります。モテない人は繁殖に不向きなのでずーっとモテません。

 

一途に君だけを愛しますってのは、まぁ美しい言葉ではありますがどうなんでしょね?

遺伝子的には浮気する方が正しい生き方になりますからね

本能に逆らうのは難しいんじゃないでしょうか

 

もう、人は浮気するものとして諦める

浮気や不倫する人は本能に操られてるだけのかわいそうな人ですから慈悲の心を持って暖かい目で見ればいいんじゃないでしょうか?

 

正義感振りかざして怒りのコメントをしても、結局自分自身の心を怒りの業火で焼いてるのですから苦しんでるのは自分になっちゃいます。😰

 

今日も見てくれてありがとう😋

 

 

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)